パワーストーン図鑑

水晶(クリスタル)

和名:水晶

名前の由来:ギリシャ語で「透明な水」「氷」の意味のクリスタロス。

 

心身と環境を浄化します。

雑念を振り払い集中力を高め、霊性に磨きをかけてくれる石です。

日本では奈良時代に「水の精が宿る石」と呼ばれました。

オーストラリアのメラネシア諸島では誰もが護符として身に付けていたそうです。

困難を克服する力が必要な時や、ステージアップしたい時に持つと効果的です。

細胞を活性化させ新陳代謝を促します。心身の健康に不安を感じた時に持つとよいです。環境を浄化する作用もあります。

 


ローズクオーツ

和名:紅水晶

 

愛と美の女神ヴィーナスのパワーを宿した石と古来からいわれています。

感情の荒波を鎮めたい時、女性性を高めたい時、恋愛を実らせたい時、恋の悩みや失恋の傷を癒したい時に持つとよいでしょう。

持つ人の内面的な愛を引き出し柔らかい波動で包み込む石です。

女性ホルモンのバランスを整えるので婦人科系のトラブルを改善し、若さと美しさを保つ効果を期待できます。

 


アメジスト

和名:紫水晶

名前の由来:ギリシャ語で「酒に酔わない」という意味のアメテュストス。

 

霊的な目覚めを促し、第六感を高めてくれます。第三の目に当てたり、頭の上にかざすと良いです。人を見抜く目と決断力を与えてくれるので見た目に惑わされず恋愛では誠実な相手とのご縁を呼びます。

魔除けとして枕元におくと良いです。喘息や激痛を緩和する働きがあります。

 


アマゾナイト

和名:天河石

名前の由来:アマゾン川

 

日本では「天河石」と名付けられているように川を連想させる石です。陰と陽、

肉体と精神など対極なものを統合しバランスをとる作用があります。仲直りしたい時、夢を投げ出しそうになった時、やる気が出ない時、疲れを感じる時に持つと良いです。気の流れを瞬時に読む力を与えてくれるので決断力をつけたい人にもおすすめです。

 


タイガーズアイ

和名:虎目石

名前の由来:光の反射によって虎の目のようにみえることが由来です。

古代エジプトでは幸運を招く神聖な石として神々の像の目をこの石で飾りました。

東洋においては虎は秘儀を伝授する動物とみなされているため、この石は霊力を授けるといわれています。第三の目に当てて瞑想すると良いでしょう。

邪心や幻想を見抜き、正しい決断力を与え守護し「すべてを見通す石」と考えられています。仕事の成功や祈願にて持つと効果を発揮するでしょう。頭脳を明晰にし仕事運を高めてくれます。

ネガティブな影響を受けやすい人や対人関係で衝突を避けたい時に持つと効果的です。

 


オニキス

和名:黒瑪瑙

名前の由来:ギリシャ語で「爪」を意味するオニクス

古くから「悪霊を祓う石」といわれています。他者から嫉妬や恨みなどの悪意を持たれた時に護符としてこの石を持つと良いでしょう。悪意を跳ね返し巻き込まれないようにバリアを張ります。憤りや嫉妬の念にかられた時には感情を浄化してくれます。意志を強くし最後までやりとげるようサポートしてくれるため、記憶力、運動能力を高めます。

人に影響されやすいタイプの人や習い事が続かないなど、中途半端になりやすい人が持つと良いでしょう。集中力と根気を養い意志の力を強化してくれます。

 


ターコイズ

和名:トルコ石

名前の由来:トルコの商人によってヨーロッパに伝えられたのでトルコ石と呼ばれる・

「天空の神が宿る石」として古代アメリカの先住民族の間で信託の石として尊ばれてきました。天の恩寵のシンボルとされるこの石は守護だけでなく成功をもたらせてくれます。

ヒンズー教では新月の晩にこの石を見つめると莫大な富を得ると信じられています。

古代ナバホ族の間では、この石を身に付けると勇気が与えられ、宇宙と心が1つになるとされていました。壁を乗り越えたい時やなかなか一歩前へ踏み出せないでいるときに右手に身に付けると効果的です。人間関係の疲れを癒してくれます。

持ち主に危険が迫ると割れたり変色することがあります。

 


トルマリン

和名:電気石

熱すると電気を帯びる性質を持ち「電気石」と呼ばれています。

儀式の際には、ひらめきを与える「お告げ石」として利用されていたようです。

ヒーリング効果が高く、過去の経験をより良い未来へと導き、精神的、人間的成長を促します。

古くから祈祷、儀式、占いなどに用いられ、精神と身体を活性化するといわれています。

イメージを具体化する力を持つので、仕事や将来のことなどで漠然としたイメージが浮かんだ時にこの石を握ると良いでしょう。イメージが細部まで具体化されます。

体力を増強する力を持っているので免疫力を高めたい時や疲れを感じている時にこの石と一緒にぬるめのお湯で入浴すると良いです。

10月の誕生石。

 


アゲート

和名:瑪瑙

 

微細な石英の結晶が集まってできた石です。

イタリアのシチリア島の「アカーテ」という名の川から多く発見されたことからアゲートになったと言われています。古代ギリシャ・ローマ時代からカメオや印章の素材として使われてきました。

人間関係の絆を強め家族関係を良くします。過去のトラウマから克服されたい時に持つと良いでしょう。

 


アクアオーラ

和名:蒸着水晶

 

透明な水晶を1600度まで熱し、そこへイオン化した金を真空蒸着させて作られます。古代アトランティス大陸において作られていたと言われており本来の水晶のパワーがさらに強化した石と考えられています。海外のヒーラーに好まれており表現能力やコミュニケーション能力を高めやる気や決断力を高める力があると言われています。クリエイティブな仕事をされている方が持つと最適です。

 

フローライト

和名:蛍石

名前の由来:ラテン語の「流れる」

溶けやすい性質を持つことでラテン語「fluere(流れる)」が語源となりフローライトと呼ばれています。

和名の蛍石はフローライトに紫外線や熱を加えると蛍のような不思議な光を放つことから蛍石と呼ばれるようになりました。

脳や海馬を活性化させスッキリさせてくれます

抑圧された感情を解放し無邪気な発想と思考力を高める力を持ち迷いや悩みの解決の糸口を晴らしてくれるので「天才の石」とも称されています。